MENU

核家族のメリット・デメリット

 

親元を離れて家族単体で生活する人が
大半です。

 

でも、おじーちゃん、おばーちゃんと
生活してきた人にとっては、
大人数での家族の団らんは
楽しくて忘れられない思い出ですよね。

 

核家族で生活することのメリット・デメリットについて
書いてみました!

 

 

核家族のメリット

 

・自分たちの自由にできる
好きな時間に起きて、好きな時に寝ても
周りの目を気にすることはありません。

 

出かけるときも好きな時間に出かけて、
スケジュールも自分たち次第♪

 

住む家だって、自分たちの好み通り。
使う食器や家具も自由♪

 

同居だと、家は決まっていたり、
二世帯だと夫婦二人だけの意見では
建てられませんよね。

 

自分たちの育児ができる

 

夫婦二人の育児ができる。
同居生活だと、どーしても
育児のことでも自分たちの思い通りには
いきません。

 

核家族なら、
時代の変化で子育て事情もかわってきてるので、
時代に合った子育てができます。

 

夫婦の絆が強まる

核家族での育児は大変なこともいっぱいですが、
良いことも悪いことも二人で考え乗り越えて
絆が強まったという声も。

 

 

 

核家族のデメリット

 

サポートがない

 

近くにサポートしてくれる人がいれば
話は別ですが、
田舎から都内に出てしまった家族など、
子育てでサポートがないと、
本当に大変。

 

子供の逃げ道がない

 

おじーちゃん・おばーちゃんは子供にとっては
あたたかくて大きな存在。
同居だと、親子喧嘩して居場所がなくなったときでも
おじーちゃん・おばーちゃんのところに駆け込むことができます。
核家族だとそれがないので、孤独を感じがち。

 

家族イベントは大切

 

最近、実家の両親と旦那の両親、それと兄弟や子供たちなどと
大勢でバーベキューを開きました♪

 

バーベキューやキャンプのためにわざわざ、愛車のマークXを売却して、
SUVに切り替えたのはびっくりです^^;

 

車を売るための方法について記載されたサイトを参考にした、
と言っていました。

 

セダンだと、キャンプにて向いていないですから、ちょうどよかったかもしれませんね♪

 

まとめ

 

簡単にまとめると、
自由度は高いけど、その分自分たちで
やることも、生活への出費も多い。

 

長所・短所を夫婦でカバーしながら生活を充実
させたいですね!