MENU

親と同居するメリット・デメリット

 

昔は、今と違ってサラリーマン家庭ではなく、
農家や家の仕事が主流だったので、
長男は家業を継ぐために親と同居をする。
というのが普通でしたよね。

 

ところが、時代はかわって、現在は会社に勤めに出る
人が大半となっています。

 

そのため、実家を出て核家族でマイホームを持ち
生活することが大半です。

 

それでも二世帯住宅や同居といった形も今もあります。

 

色々な家族をみてきて
同居のメリット・デメリットをご紹介♪

 

 

同居のメリット・デメリット

 

【メリット】

 

お金がたまる

 

家賃も半分だし、核家族で生活をするより
金銭的に余裕が出ます。
旅行に行ったり、子供にもお金をかけることができる。

 

子育ての助っ人がいる

 

子供は、突然熱が出たり、行事があったり、と、
子供の時間を作ることになります。
夫婦そろって正社員で働いているとなかなか都合がつかなかったり
しますが、おじーちゃん、おばーちゃんがいれば
そんなときも見てもらうことができます。

 

【デメリット】

 

嫁姑問題(人間関係)が大変
同居している人が100%いう嫁姑問題。

 

外に働きに出ている男性に対し、
家の中のことをする嫁と姑は、
他人同士&姑はかわいい息子をとられた!と
いう感情から、嫌がらせをしたり、嫌味を言ったり。
なーんてことが毎日あるらしいです。

 

また、代々住んでいる義父は亭主関白タイプが
多いとかで、嫁を家政婦のような使い方をする。

 

なんてみんないいますね。

 

 

まとめ

 

ますおさんタイプの同居も結構最近では
増えてきているようで、
意外と、ますおさんの方が上手くいっている
話が多いですね。

 

その理由は、みんながお婿さんに対しても
気を遣うからじゃないでしょうか。

 

サザエさん見ていても、
お互いが尊重しあって円満な感じですよね。

 

簡単にまとめると、
お金と子育てのサポートを選ぶか、人間関係を選ぶか。
そこが重要な判断材料になりそうですね。